SwitchBotでスマートホームを始める

iPhoneとBlackBerry上のアプリ画面

在宅ワークが今年の2月後半から徐々に始まり、その頃、部屋の湿度を計りたくなって買った白いSwitchBotの温度湿度計がきっかけで徐々にIoT、スマートホームを導入しました。

目次

  1. 実際にスマートホームでやっていること
  2. スマートホームのメリットとデメリット
  3. エアコンのリモコン操作登録で詳細な設定を行う裏ワザ

続きを読む “SwitchBotでスマートホームを始める”

探していて気になったiPhone12シリーズ向けのケース

耐衝撃といえばのURBAN ARMOR GEARのケース。

iPhone12シリーズ向けのケースの種類がいつもより多く、そして、いつもより完成度が高そうだったので気になったものをいくつか紹介。

生分解可能なプラスティック素材のものや、レザーやケプラー素材を使ったものなど、値段もそれなりに高いものが多いですが、完成度が高いものが多いです。自分はiPhone7シリーズ世代からUAGのユーザーで今はPathfinderです。

続きを読む “探していて気になったiPhone12シリーズ向けのケース”

Mac使っているのにゲーミングマウスにたどり着く

今年の入るまで10年以上magic mouseを使っていたのですが、コロナ禍の在宅ワークのおかげでキーボードをHHKBデビューし、4Kディスプレイを使い始めたところから、マウスの動きが遅い…となり、ロジクールのMX Masterなども考えたのですが、感度で言えばゲーミングとなり、

当初G604(写真左)を使い始めました。

その後、無線でたまに他の機器と干渉したり、うまく接続できないことが諸所あり、有線のG PRO hero(写真右)が新しく出たので、メインで使うそれに切り替えました。

コードが邪魔になるかと思いきや、軽くて柔らかく細いコードで使いやすく、マウス自体も軽いので操作性がとてもいいマウスで左ボタン側サイドのキーに仮想デスクトップの移動を、ホイールとその下のボタンで感度の+ーを専用アプリでアサイン・設定して使っています。

業務用とそのほかでMacを2つ使うのでUSB切替器を使ってマウスとコンデンサーマイクは同時に切り替えられるようにして、快適。できれば、HHKBも有線対応にして切替対応してしまいたい・・・

iPhone12シリーズ購入前に検討したいアイテム

iPhone12シリーズの予約が始まり、そろそろ発売になるので、今iPhone XS maxと一緒に実際使っている周辺機器やガジェットをメモがてら紹介。

Anker PowerWave+ Pad with Watch Holder Apple watchホルダー付き(ケーブル別途必要)の置くだけ充電

在宅中、Apple watchは外し、Galaxy efitをつけた状態で仕事をすることが多いので、置くだけ充電とApple watchを並べて置くために購入。重さがあり、付属のケーブルは太めですが、動いたりしない(普通のqi充電のものは軽いので大体動く・・・)のでおすすめです。

NITEIZE(ナイトアイズ) ヒッチ & マイクロロック カラビナ スマホ キーホルダー ケースとiPhoneの間に挟みLightningポート用のホールから出して使うストラップ用ホルダー

iPhoneを落としたり、盗難に遭ったりするのを防ぐためにストラップをつけたいと考えていた時に見つけたアイテム。
これのおかげでストラップだけを持っても外れて落下することがないので落とすことがなくなりました。 ケースにLightningケーブル用のホールがあり、1mm程度の厚みがあってもケースが変形しないぐらいの余裕がないとケースが湾曲したりしてしまうので、TPUやシリコン系の多少分厚いケースが相性よさそうです。

エレコム TypeC to Lightning ケーブル LightningとUSB-Cのケーブル

自宅で使うことはあまりないのですが、外出先などでモバイルバッテリーと繋ぐ時にすごく便利な短いケーブル。 USB-C/PD対応のバッテリーだと急速充電もできるので数本あると便利です。

Anker Soundcore Liberty 2 Pro Qi充電にも対応のワイヤレスイヤホン

この価格帯でバランスドアマチュアとダイナミック2方式を搭載したハイブリッド型のイヤホン。 発売当初はホワイトノイズなど酷かったのですがファームウェアの更新でいい感じになりました。 プライムセールなどでたまに1万円ぐらいになるのでその期間を狙うのもありかと・・・ イヤーピースはアユート AZLA SednaEarfit XELASTECを使っています。以前はラディウス radius ディープマウントイヤーピースを使っていて、こちらも装着感いい感じでした。どちらもつけたままケースにしまえます(実は結構しまえないイヤピースあります・・・)

Anker PowerCore III Fusion 5000 バッテリー内蔵の充電器

USB-PD対応のバッテリー内蔵充電器で普通のUSBとUSB-C端子があるタイプ。 iPadなどへも給電できる出力をがあり、1台あると何かと便利です。

Anker PowerCore Slim 10000 PD  iPhoneのサイズと同じぐらいのサイズなモバイルバッテリー 

iPhone XS maxより少し小さいぐらいのサイズなので短いケーブルと一緒によく使っています。 写真を転送したりなど大容量の通信やゲームをしたりしない限りは急速に充電できるモバイルバッテリーです。

SwitchBot スイッチボット リモコンハブと温度湿度計セット IoT向け、温度湿度計とリモコンハブ

最初デジタル表示の温度湿度計が欲しくて見つけたIoT対応のもので、こちらはリモコンハブとのセット。 別途iPhoneアプリやAndroidアプリを入れてセットアップを行うとSiriやGoogle ホーム、Alexaと連携して温度や湿度の変化に応じてリモコンやWifiにつながって対応しているIoT機器のタスクを操作できます。
コンセントプラグやカーテンレールに対応した製品もあり、iPhoneをリモコン代わりにデスクで仕事しながら操作できたりとほんとに便利です。

Tipsとしてはエアコンの操作が複雑なのでエアコンの設定をリモコンで操作してスイッチをONするときの赤外線点射をリモコンハブに登録して、特定の操作をできるようにしています。

Anker PowerCore Solar 10000  非常用にLEDライト内蔵のソーラー充電対応モバイルバッテリー

まだ実際に使う事態にはなったことがないソーラー充電対応のモバイルバッテリー。 カラビナなどをつけられるホールもあるのでバックパックなどに吊り下げたまま外出するとバッテリーにソーラー充電できるもので、多少曇っていても充電します。もちろん普通にUSB充電器などからも充電可能。

エナジャイザー モバイルバッテリー PSE適合品 ERG-BY-000002 Qi充電可能なモバイルバッテリー

昔、かっこいい乾電池といえばエナジャイザーとデュラセルだった記憶があり、モバイルバッテリーを出すということで買ったもの。 置くだけ充電に対応、micro usbとUSB-Cの端子もあり、汎用性の高いバッテリーです。
Ankerのものと比べると少し大きいですが軽いです。 そしてデザインがかっこいい。

紹介したものモバイルバッテリー多いですが、ついつい新製品出ると買ってしまいがちです・・・