余ったテンキー用キートップをメカニカルな有線テンキーに

昔から紙媒体などもやっていたので数値入力はテンキーがデフォルトだったのですが、 HHKBをはじめ、60%キーボードにはテンキーがないので昨年はBelkinのワイヤレステンキー、今年はsatechiのものを使おうとしていたのですが、反応が悪く、いわゆるチャタリングのような出力がでてイライラしたので有線のテンキー(テンキーパッド赤軸メカニカルポータブルUSB着脱式 5000万回高耐久 白いバックライトモード付き iMac MacBooks PC Laptops 対応 (白))を入手しました。

CherryMX互換のスイッチで赤軸。キーボードで使っていたキートップのテンキーが余っていたのでデザインを揃えるべく、付け替えました。

キーボードの横に置くとどちらも白ベースでデザインが統一された印象になりました。

そしてこのテンキー、接続が今は珍しいmini usbで底面は昔のApple Keyboardのような透明のもの。高さもキーボードと比べると高めでキーボードのすぐ隣においてというよりは単体で使う想定な感じでした。

LEDは白単色です。

このテンキーを選ぶにあたり大事だったのはMacで使えること。
無事使え、キーレイアウトは上部一段が左からエスケープ・タブ・バックスペース・ファンクションとなっていて、ファンクションは端末ではなく、このテンキー内のアサインを変更するためのもののようで他のキーボードのファンクションに割り当てた処理はできないようでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA