メカニカルキーボードのキートップを白いものに

前回の続き、チョークなパステルカラーから真っ白に見えるキートップに変更して4月をはじめました。



入力キーはSeMiプロファイルでサイドプリント、今回交換した機能キー周りはトップが白、土台部分が半透明で文字色も半透明になっているOEMプロファイルのものになりました。

本当は真っ白でサイドプリントが良かったのですが、同じ価格帯&Amazonでは見つからなかったので少し志向を変えて白が基調で少し変化が出るものにしました。

バックライトが光ると上記のような目立つ状態になります。

普段はバックライトをオフ、押したキーが光るようにしたときの状態が上記。
日中はそれほど目立ちませんが、部屋が暗いといい感じに光ります。

機能キーに使用しているキートップ


入力キーに使用しているキートップ


使用しているメカニカルキーボード


キートップを引き抜くための器具

昨年から続いた使いやすい、気に入ったキーボードを探していた状態も一旦落ち着きました。
次となると、もはや静電軸系か自作しかない・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA