フリーランスエンジニア・クリエイターのネット環境事情

在宅で仕事をする時間・日数が増える中、Webサービスの仕事をするため、絶対必要になるのがインターネットの回線。

フリーランスになってから色々試していった結果、契約をしているのが

  • 自宅のインターネット回線(CATVの300M)
  • UQ WiMAX(次の更新で解約検討中)
  • ドコモのキャリア回線(ほぼ通話のみ)
  • Nuroモバイルの毎日5時間使い放題
  • 楽天モバイルのUN-LIMIT

の5回線(多い)で自宅にいる間はCATVの回線、スマホには通話用のBlackBerryにドコモ回線、iPhone にNuroモバイルと楽天モバイルをデュアルで設定していて、今は自宅がまだ楽天のエリアではないのでNuroモバイルをメインに設定している状態です。

スマホ用にどうして3回線も契約しているのかというと、元々契約していたのがドコモの回線でこちらは通話がメイン、そしてそれ以外にデータ通信無制限のものを以前使っていたのですが、そのサービスがなくなり、代わりにNuroモバイルの1日5時間使い放題のプラン(こちらも今は新規契約停止)を使い始め、昨年、楽天モバイルが1年無料で始まったので使い始めたという経緯がありました。

そもそもなぜ無制限のものが必要かというのは主に、撮った写真を外出先で一眼レフカメラからiPhoneに取り込み、クラウドにバックアップを取ったり、加工してその場でSNSなどにあげることが多いのが理由です。

そして、ちょっと前までは外や自宅のネット回線が不調な時にWiMAXを使っていたのですが、すぐに上限を超えて遅くなってしまうので今はほとんど使わない状態で解約かなと考えているところです。

仕事上、ネットへの常時接続は必須で、クライアントのネットワークにVPNで接続するのが常なのでより安定性がある状態を確保するために、リビングにあるネット回線のモデムルーターからメッシュに対応しているルーターを介して、仕事をする部屋に子機となるルーターを設置、そこから無線・有線どちらでも使える状態にして、速度は200Mbps前後がでる状態で日頃ネットを使っています。

たまにほんとに数時間中継をしている機器の故障などで繋がらない時はあるものの、そのときも楽天モバイルやNuroモバイルの回線でテザリングをすればその場は凌げてしまうのでWiMAXはもうお役御免なのかもしれません。

その他、仕事では普段使っているスマホ以外にも昔の機種やAndroidの機種を仕事の検証で使う場合はCharlesというプロキシを介して接続させることができるアプリを使ったりしてVPNやローカル環境で検証したりしています。

実際に使っているルーターなど

TP-LINK Deco M5ー

メッシュ対応のルーターでスマホアプリを使って設定などが可能なモデル。

 

TP-Link WIFI 無線LAN 中継器  RE200

無線LANの中継機でこちらはIoTで使用するハブコントローラーへの接続を円滑にしたりするために使用しています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA